ファクタリングって何?事業資金の上手な確保の仕方


ファクタリングは売掛債権の現金化

事業資金の獲得方法として昔から一般的に用いられているのは創業融資などの国や地方自治体による融資、銀行や信用金庫などによる民間の融資、株式の発行による投資家からの資金調達です。ファクタリングは近年になってから登場した事業資金の調達方法で、売掛債権があるときに活用できます。ファクタリングは売掛債権を現金化する方法だからです。売掛債権は権利なので譲渡することができます。ファクタリングでは売掛債権をファクタリング会社に譲渡する代わりに現金を受け取れるのが特徴です。ファクタリング会社は譲渡された権利を使って売掛先から資金回収をする、あるいはファクタリングを申し込んだ会社に売掛金の回収をさせて支払ってもらうという仕組みになっています。

キャッシュの回転を速くできる資金調達

ファクタリングは融資などと違ってもともと将来的には入るはずだった資金を早めに手に入れることができる仕組みと考えられます。ファクタリング会社が立て替えをしてくれるのが特徴で、数週間や数か月先に入金されるはずだった売掛金を即日で入手することが可能です。そのため、キャッシュの回転を速くできる特徴があります。運転資金が不足して困っている状況ではキャッシュを早く手に入れられるようにするだけで安定経営できるようになることも少なくありません。そのため、業績は決して悪くないのにキャッシュが手元になくて困っているケースではファクタリングを使うことで経営状況が大幅に改善するでしょう。

事業資金を借り入れるときは、事業拠点の自治体や国民生活金融公庫に相談すれば、低利の制度融資を案内してくれます。銀行や信用金庫は信用調査が厳しく、手続きに時間がかかることがあります。