債権を利用した資金調達!ファクタリングのメリットやデメリットとは?


ファクタリングって何?

ファクタリングは資金調達の方法の一つで、まだ回収されていない売掛金をファクタリングサービスを提供している会社が買い取るという方法を言います。こうすることによってなかなか現金化することができない売掛金をすぐに現金などに変えることができるので、資金調達に困った時などに利用することができます。

特に支払期間が長い売掛金はすぐに資金として利用することができませんし、なかなか回収ができないと資金繰りに困ってしまうというケースも少なくありません。このような場合の事業資金の回収または資金繰りの方法として、多くの企業で利用されています。

ファクタリングのメリットとは

ファクタリングを利用するメリットは、簡単に資金調達をすることができるという点にあります。

また資金繰りなどのキャッシュフローが正常化されたり貸借対照表のスリム化が実現することから、事業の運営が安定するだけではなく金融機関からの信用も得られるという点が大きいと言われています。それでいて担保が不要なので安心してサービスを利用できると言われており、新しい資金調達の方法として利用されているのです。

ファクタリングのデメリットとは

ファクタリングにはメリットだけではなく、いくつかのデメリットも挙げられています。

その一つとして言われているのが手数料の高さで、2社間なら買取売掛金額の10%から30%程度、3社間なら1%から5%程度とされています。さらにファクタリングはその特徴から、売掛金がないと回収することができる資金がないというデメリットもあるのです。

ファクタリングとは、未回収の売掛金を専門の会社が買い取って回収を行う、金融サービスのことです。企業が事業資金を調達する方法のひとつで、銀行などから融資を受けられなかった企業に適しています。